Step by Step Social Count Cache

Description

Step by Step Social Count CacheはSNSのカウントをキャッシュするプラグインです。

投稿の最終更新日から「1日」「1日~1週間」「1週間以降」の3つの段階で、キャッシュの有効期限を設定することができます。

カウントを取得できるSNSはTwitterFacebookはてなブックマークPocketfeedlyの6つです。
(Twitterのカウントはcount.jsoon APIを利用しています。カウントを有効にするには、事前にwidgetoon.js & count.jsoonでサイト登録をする必要があります。)

デフォルトの有効期限は「1日以内」の場合は30分
1日~7日以内」の場合は1日
7日以降」の場合は1週間となっています。
それぞれの有効期限はオプションページで変更が可能です。

詳しい使い方や解説は作者の解説ページをご覧ください。

カウントを表示する方法

投稿のキャッシュを全て取得して書き出す方法(こちらがおすすめ)

<?php
    $socal_count = sbs_get_all();
    echo $socal_count["all"];
    echo $socal_count["twitter"];
    echo $socal_count["facebook"];
    echo $socal_count["hatena"];
    echo $socal_count["pocket"];
    echo $socal_count["feedly"];
?>

もしくは個別に取得して書き出す方法

<?php
    echo sbs_get_twitter();
    echo sbs_get_facebook();
    echo sbs_get_hatena();
    echo sbs_get_pocket();
    echo sbs_get_feedly();
?>

デザインされたSNSボタンを表示する方法

それぞれのタグは編集画面でカスタマイズすることができます。

バルーンタイプ

<?php
    $args = array( "hatena", "twitter", "facebook", "pocket", "feedly" );
    sbs_balloon_style( $args );
?>

スクエアタイプ

<?php
    $args = array( "hatena", "twitter", "facebook", "pocket", "feedly" );
    sbs_square_style( $args );
?>

カウントの多い投稿のIDを取得する方法

SNSのカウントが多い順に投稿を表示する際に利用してください。

<?php
    sbs_get_pp_all( $page, $post_type );
    sbs_get_pp_twitter( $page, $post_type );
    sbs_get_pp_facebook( $page, $post_type );
    sbs_get_pp_hatena( $page, $post_type );
    sbs_get_pp_pocket( $page, $post_type );
?>

Facebookのいいねを取得する際に、Facebook API 2.4を利用するためApp Tokenの入力が必要です。

feedlyでカウントするフィードはRSS2です。カスタムのFeedを使用したい場合は設定画面で指定することができます。

設定画面でキャッシュを事前に作成するプリロードが可能です。

Screenshots

  • Balloon type. Square type.
  • Option page.
  • Option page.

Installation

  1. プラグインの新規追加ボタンをクリックして、検索窓に「SBS Social Count Cache」と入力して「今すぐインストール」をクリックします。
  2. もしくはこのページのzipファイルをダウンロードして解凍したフォルダを/wp-content/plugins/ディレクトリに保存します。
  3. 設定画面のプラグインで SBS Social Count Cache を有効にしてください。

FAQ

Installation Instructions
  1. プラグインの新規追加ボタンをクリックして、検索窓に「SBS Social Count Cache」と入力して「今すぐインストール」をクリックします。
  2. もしくはこのページのzipファイルをダウンロードして解凍したフォルダを/wp-content/plugins/ディレクトリに保存します。
  3. 設定画面のプラグインで SBS Social Count Cache を有効にしてください。

Contributors & Developers

“Step by Step Social Count Cache” is open source software. The following people have contributed to this plugin.

Contributors

Changelog

1.7
Google+はカウントを非表示へ仕様変更したため削除。(タグは使えますが、カウントの保存・表示はされません。)
WordPressのプレースホルダ仕様変更により修正。
feedlyのSSL化へ対応。

1.6
PocketのSSL化への対応。
キャッシュ周りの調整。
デバッグモードの実装。

1.5.2
タグのカスタマイズ時に生成されるURLをエンティティ化。FacebookのAccess Tokenが誤っている場合、エラーメッセージを表示するように変更。

1.5
count.jsoon APIを利用してTwitterのカウントを取得可能に変更。

1.4
バルーンタイプ、スクエアタイプのタグをカスタマイズ可能に変更。

1.3.3
Twitterのリンク修正。CSS微調整。Tokenのバリデーション変更。

1.3.2
細かなバグの修正。

1.3
Twitterのカウントを暫定的に停止。バルーンタイプとスクエアタイプの出力を追加。

1.2.1
細かなコードの最適化。4.3.1での動作確認。

1.2
カスタムのRSSを入力できるように変更。プリロード機能を追加。カウントの多い順に投稿のIDを取得できるように変更。

1.1.1
APCモジュールが無効になっている場合のバグを修正。

1.1
feedlyでカウントするフィードを選択可能に変更。APCもしくはAPCuが有効な場合、クエリをメモリ上に展開。他、バグ修正。

1.0
初めのバージョン。