ポール・シニャックは、19世紀フランスの新印象派の画家で、点描画の発展に貢献しました。

1886年には、セーヌ川沿いの村、レ・アンデリスの港に焦点を当てた作品を多数描いています。

ポール・シニャックによる海辺の風景を描いた印象派の絵画。